相模原で葬儀を執り行う、葬儀に参加することになったときの費用やマナーについて理解しておこう

葬儀にかかる大まかな費用

人の死は突然のことなので、短い時間で葬儀のプランを考えたり、弔問客のリストを作ったりするのは大変です。費用もプランによって変わってくるので、大まかな費用について知っておくと安心です。

葬儀に参列するときのマナー

突然の弔問の場合、平服でもOK

葬儀の際は喪服で参加するのが基本ですが、突然の弔問のときは平服でもOKです。

男性の喪服で気を付けたいポイント

ダークカラーのスーツ、黒のネクタイ、靴、ワイシャツや白色です。

女性の喪服で気を付けるポイント

黒か黒に近い喪服やワンピース、靴、ストッキングは黒か肌色が基本です。

女性のアクセサリーについて

アクセサリーを身に付けるときは光らない物が基本で、パールはOKです。

不祝儀袋の表書きに関するマナー

表書きの書き方は、宗派によって異なります。宗派がわからないときは、「御霊前」としておきます。

お葬式を行う時は準備が大事

焼香

お葬式の費用は業者やプランによって大きく異なりますが、葬儀会社やお葬式のプランも各種揃っています。そのため相模原で葬儀を行う場合も、依頼先やプランを前もって入念に検討しておくのが大切です。お葬式には通夜も行う一般的なスタイルや、それを省いた火葬式などもあるので、先ずはプランを決めておくと良いでしょう。業者によって得意なプランも違いますから、行いたいお葬式に定評のある葬儀会社を探し、値段も含めて比較すればOKです。

お葬式の申し込みは電話で可能

葬儀会場

お葬式を申し込む時は葬儀会社に電話を入れれば良く、相模原エリアの殆どの業者は夜中でも連絡を受け付けています。そして、お葬式まで遺体を保管する必要がある場合は、スタッフが引き取りに来てくれるのが一般的です。その際は申し込みプランの説明を受けたり、契約も結びますが、病院などで遺体を預けた時は後日契約を結ぶこともあります。また、葬儀会社は亡くなったことを役場へ届ける事務手続きも大抵代行してくれますから、必要に応じて依頼しましょう。

遺影の準備も欠かせない

葬儀

お葬式では遺影が必要になるため、亡くなられた人の写真を用意することも欠かせません。相模原の葬儀会社へ渡せばスナップ写真からでも遺影に加工してくれるので、家族旅行などの写真も候補に入れ、写りの良い1枚を準備しましょう。